ワキ脱毛

5.ワキ脱毛は全てのサロンで行っています
ワキの脱毛を行っていないサロンはほとんどないと思います。
女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が始めに脱毛したいと思う箇所であるため、気軽にできる価格設定をしている脱毛サロンが大半です。
いつまでも自己処理のままでいると、徐々に肌が黒ずんできたり、ブツブツなお肌になってしまいかねますので、脱毛サロンへ行くのなら早いうちがいいでしょう。
Read the rest of this entry »

脱毛エステが激安すぎて…

わたしがまだ光脱毛を受けに脱毛エステに行こうと思わないのには理由があります。最近の脱毛キャンペーンがなんだか安すぎて逆に怖くなってしまったのです。 Read the rest of this entry »

脱毛サロンに通う前に

剃刀を用いて剃ったり、毛抜きを用いて抜いたり、脱毛クリームを塗って溶かすなどの対策が、よく知られた脱毛と言えます。その上更にたくさんある脱毛の中には、永久脱毛と称されるものも入っています。

比較的短い時間で終わるレーザー脱毛と、長い時間をかけて施術を受けなければならないフラッシュ脱毛。方法によってメリットあるいはデメリットが当然あるので、生活リズムに合うような後悔しない永久脱毛を探してください。

私も4年ほど前に全身脱毛を経験しましたが、結局のところ切り札となったのは、サロンへ通いやすいかどうかです。なかでも最もあり得ないと検討から外したのが、家からも勤め先からも離れていて行くのが億劫になるような場所にあるサロンです。 Read the rest of this entry »

全身にするのか、部位だけなのか。

脱毛をする時に迷うのが、全身にするのか、部位だけなのかということです。 Read the rest of this entry »

一気に脱毛はできない

ムダ毛には毛周期があります。
一般に私たちはムダ毛…なんて呼びますが、
一応ムダ毛…というものはありません。
生えてきてほしくないからムダな毛…=ムダ毛と呼んでいるだけであって、
全ての毛はムダではなく、必要な毛です。
特に私たちがイヤだと感じている、太くて剛毛な毛…。
これこそが体の大切な部分を守っている毛なのです。

ムダ毛には、

前期成長期
後期成長期
後退期
休止期

といった4つの周期があります。

前期成長期は、毛が伸びてきているけれど、
まだ肌表面に現れていない時期。

後期成長期は、毛が肌表面から伸びてきている時期。

後退期は、だんだん毛根が弱っていき、
毛が弱くやせおとろえてきている時期。
Read the rest of this entry »

脱毛サロン選びはしっかりと

両ワキやヒザ下にも当てはまることですが、やはり化粧しなければいけない顔は火傷を負ったり傷を残したくない重要な場所。体毛が生える可能性が低い永久脱毛を任せる箇所はしっかり考えましょう。 Read the rest of this entry »

近年はお得な値段でワキ脱毛

脱毛効果はもちろんのこと、ミュゼは直営店舗数、売り上げともに業界トップを誇る脱毛専門のエステです。安い値段で夢にまで見たワキ脱毛がしっかりできる大好評のサロンです。 Read the rest of this entry »

脱毛サロンで脱毛しても

時々、脱毛サロンで脱毛してもあまり効果を感じられないという意見を耳にすることもありますが、脱毛サロンで一度や二度施術を受けたくらいで驚くような効果が出る、ということはないのです。ケースバイケースですが少なくとも3回以上通ってからやっとはっきりした効果が見られたというケースが大多数で、つまり即効性を望むことはできません。

時間がかかるものなのです。
それに加えて、通っているサロンごとに使用する脱毛用の機器も違うでしょうから、効果にも当然差が出るものと思われます。
Read the rest of this entry »

医療機関でしか永久脱毛の施術できません

1.サロンは医療機関とは別個の方法
元来、永久脱毛施術は医療行為となり、保健所に認可された医療機関でしか施術できません。事実上脱毛エステサロンなどで実施されているのは、医療機関とは別個の方法が大多数であると思われます。
Read the rest of this entry »

家庭用脱毛器の値段

家庭用脱毛器、けっこう高いですよね。
決して安いものではないと思います。
家庭用脱毛器を買うときは、多くの人が値段と相談して買うでしょう。

値段の高いものだと、脱毛の効果も高そうに感じますよね。
確かに、値段が高いものはいいものが多いです。
ただ、値段の割には…なんて脱毛器も中にはありますから…
一応気を付けた方がいいでしょう。

そして、家庭用脱毛器ってやっぱり高いですから、
安いものでいい…と、安さに飛びつく人もいると思います。
ただ安い商品は、どうしても脱毛効果が今一つのものが多いです。

そして意外と見落としがちなのが、コストパフォーマンスです。
本体価格は安いかもしれません。
しかしカートリッジなどの付属品が高かったりします。
あるいは照射回数が、少ないこともあります。

家庭用脱毛器を買うときは、本体価格の値段だけではなく、
付属品が必要なものは必ずその値段も含めたうえでの、
値段を考えましょう。

ミュゼ 学割